< 派遣依頼 >
派遣依頼について
① 地域生活支援事業対象派遣
 市町村が行う支援事業で、意志疎通を図ることに支障がある障害者とその他の者の意志疎通を仲介する要約筆記者を派遣する。
派遣できる内容は、原則、個人からの依頼で市町村等が派遣を必要と認めた場合。各市町村により内容は異なり、市町村ごとの決定となっています。なお、複数の聴覚障害者が参加する講演会などに、市町村が支援事業対象派遣と判断すれば、要約筆記者の派遣を行うこともあります。
対象者:県内に居住し障害のため意志疎通を図ることに支障がある障害者及びその家族等。

② 有償派遣
上記①以外で、個人、企業、団体、行政等の活動(事業)のために、派遣依頼がある場合です。 
 内容としては講演会、行政の事業等があります。

<要約筆記の方法>
◆利用者が少人数(一人か二人)の場合は「ノートテイク」
◆多人数を対象とする「全体投影」というスクリーンに文字を投影する方法。
いずれも「手書き」と「パソコン」の2種類があります。
 利用者の希望により、それぞれの特性を生かした方法が選択できます。
 ※そのほか、個別の事情により対応が異なることもあります。

《要約筆記派遣依頼窓口》
①各市町村担当窓口・高知県聴覚障害者情報センター 
②高知県聴覚障害者情報センター

<連絡先>
◆高知県聴覚障害者情報センター
〒780-0928   高知県高知市越前町 2-4-5 3階
午前9時~午後5時30分(月~金)
Tel 088-823-5922・ Fax  088-822-0750
詳細はhttp://www.kodakasa-h.com


「県下の要約筆記団体」  
 高知市/要約筆記 高知・やまもも  四万十市/そよかぜ・赤とんぼ
 宿毛市/さくら    日高村/エコー    四万十町/コスモス